PROFILE

 

見田村 千晴

見田村千晴アーティスト写真2017

1986年5月15日生まれ、岐阜県出身
シンガーソングライター

アイドル(主にハロプロ)、ラジオ、映画が好き。

2歳からピアノ、3歳からヴァイオリンを始める。
高校では音楽部に入る。合唱コンクール全国大会にて1位を獲得する。

2005年、早稲田大学進学とともに春に上京。バンドサークルに入りギターと曲作りを始める。

2007年春よりソロ、ギター弾き語りでのライブ活動を始める。

2009年、大学卒業以後、本格的に活動開始。
年間100本以上のライブを行うほか、3枚の自主制作CDを発表、自主企画ライブ『ヨコロビ』やワンマンライブの開催等、精力的に活動。

2011年、タワーレコード主催のオーディション「Knockin’on TOWER’s Door」にて準グランプリを獲得し、6月に1st ALBUM『いつかのように』をリリース。世界最大規模の気象情報会社ウェザーニューズが季節ごとに無料配信する「ソラウタ」への起用、ユニクロ「ヒートテック」CM出演、イベントでは2,000人の前でオープニングアクトを務める等、着実に活動の幅を広げる。

2012年、2nd ALBUM『I handle my handle』をリリース。前年に引き続きウェザー ニューズの「ソラウタ」に起用され累計100万ダウンロードを達成した「雨と空言」や、TBS系TV『みのもんたの朝ズバッ!』のエンディングテーマ「愛がそこに無くても」、そして中島みゆきのカヴァー曲「ヘッドライト・テールライト」等が収録され、更なる飛躍を遂げるきっかけとなる。

2013年2月、渋谷duo MUSIC EXCHANGEにてワンマンライブを大成功させる。

2013年9月25日、MINI ALBUM『ビギナーズ・ラック』で、ビクターレコーズよりメジャー・デビュー。

同年末には桑田佳祐が選ぶ「邦楽ベスト20」の4位にビギナーズ・ラック収録曲の「悲しくなることばかりだ」が錚々たるアーティストに並んでランクインした。

2015年4月、メジャーファーストフルアルバム『正攻法』リリース。

精力的なライブ活動のほか、最近ではYouTubeにてハロプロ楽曲の弾き語りカバーをアップし、ハロプロファンの間でも話題を集めている。

 

pagetop