2018年1月ブログ一覧

2018/01/26

東京は数十年ぶりの寒さ、らしい。
肌で実感する、段違いの寒さ。朝、目覚めてまず「寒い・・」と呟いてしまう。
あ、本来の意味の呟きのほう。

寒さのあまり、衝動的に岩盤浴へ。
どうでも良い話だが、岩盤浴、と言ったり聞いたりすると必ずミキティが頭に浮かぶ。
岩盤浴という言葉を初めて知ったのがミキティ熱愛報道のときだったからだ。
そんな私が実際に岩盤浴に行くようになったのはごく最近。
冷えて固まった身体を温め、しっかり汗をかいて、おかげで今朝は目覚めが良かった。
ミキティさんありがとうございます。

毎週金曜日に岐阜に通う生活が始まって、早4ヶ月。
大体は日帰りして、月に一度ほど、岐阜や名古屋での仕事があると泊まるというサイクルになっており、当面はおそらくそんな予定。
毎週決まった曜日に仕事があると一週間の区切りが実感しやすく、自分の生活の目安になってきている感じがしている。
この一週間はこうだった、来週までにこれをしよう、という具合に。
さらに、往復の移動時間にやるPC作業がとても集中できるので、それもまた貴重な時間。
という文章を書いている今がまさに、移動中。

2018/01/15

元旦に買った、サトウの切り餅1kgを今日完食しましたin一人暮らし。めでたい。

昨夜はずいぶん久しぶりにゲームアプリ「キャンディークラッシュ」を開いたら最後、布団に入ったまま4時間くらい費やしてしまった。こんなに何年もこのゲームを続けてる人間はなかなかいないと思う。一途と言えば聞こえはいいが、言い替えれば粘着質。

小さい頃はゲーム機にほとんど縁がなく(唯一初代ゲームボーイが家にあったくらいで)、そういうものに触れてこなかったので、頭を使う難しいゲームは好まない。
理解力とか思考力とか攻略本とか一切要らないやつ。黙々と点数を取っていくだけのやつ。
一生スピードの上がらないテトリスをやり続けたい。

子どもの頃、母と時々ゲームセンターに行った。大人になってからは一人でも行ってた。
お札をメダルに替えて、やるのはやはり単純な、メダルを落とすやつ。
押したり引いたりするところにメダルを転がして、先端の方のメダルを押し出す、あれ。
あれは良い。頭の中が空っぽになる。
一定のリズムでコインを差し入れる右手も、だんだんと、無機質に押し引きをする台と同じ、機械になっていく。
それがいい。

で、そうして昨夜明け方まで起きていて、何が言いたいかというと、今とても眠い。すぐにでも寝てしまいたい。
が、不思議なもので、経験上、眠くて頭がぼーっとしているときのほうが曲作りがはかどったりする。
だから少しだけ粘ってみることにする。
粘着質らしく。

2018/01/12

年が明けてもう11日も経っていることに驚愕する。
私の月イチレギュラー、ラジオ日本「Harmonic Groove!!」のなかで、今年は文章をコンスタントに書く!ブログを週に1回は更新する!と(完全に勢いで)言ってしまったので、過去の自分を裏切らないように筆をとってみる。いや、PCを開いてみる。
と言ってもすでに今月も2週目なんだからすでに裏切っている。つくづく自分に甘い。

頭の中を文字にすることは、やらないとどんどん出来なくなる。
しばらくぶりだから、リハビリから始めないと。
筆が(指が)赴くままに綴る。

趣味の悪い趣味がある。
他人のブログを読むのが好きだ。
特に、知り合い程度のミュージシャンのブログをこっそり読む。読んでないですよーという顔をしながら読む。
表向きの表現に滲み出る事情や本音を推し量りながら読む。誤字脱字を見つけると心がざわつく。
趣味が悪いということは分かってるんだけどやめられないんだからしょうがない。許して欲しい。もしくは、諦めて欲しい。

私は率直な表現をする人や飾らなさがある人が好きだけれど、それって、日本の美徳とされる婉曲表現やオブラートに包むみたいな美しさを否定することになるんじゃないか。とときどき考える。
トイレに行くことを、お花を摘んできます♡みたいな。

いや、そうではなくて、私は全ての言葉を、ちゃんと自分の脳みそを経由して使いたい。
聞き慣れた言葉を、口が覚えている言葉を、思ってもいないのに勝手に吐くことは結構な罪だと思う。
正確には、”思ってもいない”わけではなく、思っていること「周辺」にある、「それっぽい」言葉に雑に当てはめてしまうこと。
例えば色には無数の種類があって、ありすぎて分かりづらいので、ある範囲内を大雑把にまとめて「赤」と呼んだりする。
言葉を選ぶという作業も同じで、自分でも認識できないくらい色んな成分が混ざり合っている感情を表すとき、そこから出来るだけ近い言葉を探すのだ。
日本にはたくさんの色の名前が存在するのと同じように、微妙な違いの言葉のなかから一番しっくりくるものを探し出す。この作業が、難しくて楽しいんだ。

ただ、そういうことが気になってしまうから、ラジオで話すときも、ライブのMCでも、言葉が流暢に出て来ないことしばしば。
頭に浮かんだ言葉に対して、本当にそうだっけ?そう思ってるっけ?と躊躇したり他の言葉を探してしまう。
そのせいで反省することも悔しいことも多々ある。
だけど一方で、ただ耳触りの良いだけの、中身の伴わない言葉なら発さない方が良い、と思っているので、そこを両立させたいなとはずっと思っている。

見田村千晴を、2018年もよろしくお願いします。(まとまらなくなってきたので強制終了!)

1 / 11

blog

  • 2018年1月
    « 9月   3月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
pagetop